ロゴ

早めに歯列矯正をした方が良いワケ【今後の人生を左右する】

歯並びを治したい

歯並びが悪いことで悩んでいる方はどれだけいらしゃるでしょうか?周りの目を気にしてしまい会話するのが億劫になったりなど、心理的な負担は計り知れません。このような悩みを解消するためには、歯を矯正するのが一番です。下記に大阪の歯医者で実施される一般的な矯正治療の特徴をまとめました。

矯正治療の種類

表側ブラケット矯正

別名「ワイヤー矯正」とも呼ばれています。矯正治療ではとても一般的な治療法です。表側ブラケット矯正にも3種類の種類があります。まず一つ目に「金属ブランケット」です。表側ブラケット矯正の中でも最も一般的な治療方法で、歯の表側に金属でできたブラケットを装着します。強度も高く費用も安価となっています。ブランケット自体が銀なので目立ってしまうのが難点ですが、不正咬合治療に適しているのが大きなメリットと言えます。二つ目に審美ブラケットです。透明なもののブラケットのため、文字通り審美性に優れたブラケットです。3つ目に「セルフフライゲーションブランケット」です。このブラケットは、装着することによる痛みがあまりないので、歯を動かしやすいのが特徴です。また通院する回数も比較的少ないのもメリットでしょう。

裏側ブラケット矯正

その名の通り歯の裏側にブラケットを装着する治療法です。装着する前に歯型を採取して、患者さんに合った矯正装置を作成してから、歯の裏側に装置を装着するのが一般的になっています。発音がしづらくなる場合があるのが欠点ですが、ワイヤー矯正と違い周りから装置が見えないので、目立たないのが大きなメリットです。費用の相場は大体120万円程度と言われています。

不正咬合の種類

  • 叢生
  • 出っ歯
  • 下顎前突
  • オープンバイト
  • 八重歯
  • 反対咬合

早めに矯正すべき歯並びの特徴

オープンバイト

閉口しても、いくつかの上下の歯が噛めない状態のことをオープンバイトと呼びます。前歯の部分がオープンバイトである場合、噛む際は全て奥歯で噛んでしまうことになりとても負担がかかります。そのためエナメル質が削れてしまい虫歯を招く恐れがあります。他にも歯周病になる可能性もあります。歯の病気にならないうちに日進駅周辺の矯正歯科で治療を開始しましょう。

叢生

これは「そうせい」と読みます。歯同士がお互い押し合ってしまい、歯並びがデコボコな状態のことを叢生と呼びます。この状態になると歯磨きがしづらくなりプラークが溜まりやすくなってしまいます。虫歯や歯周病のリスクがとても高いので一刻も早く治療をしたほうがよいです。

出っ歯

一般的にも知られているので、見聞きしたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。上側前歯が下の前歯よりも突き出している状態です。出っ歯になると上の前歯が下の前歯に常時触れている状態になり、下側の歯ぐきを傷つけてしまいます。傷がひどくならないうちに、矯正治療をスタートさせましょう。名古屋にはインビザラインと呼ばれる透明な矯正装置を利用している矯正歯科があるので、周りにバレずに治療を開始することができるのでおすすめです。

八重歯

犬の歯のように尖った歯が飛び出している状態のことを指します。前の部分に八重歯があると唇の裏側を誤って噛んでしまうことが多くなります。また八重歯の噛み合わせが悪いと他の歯に負担をかけてしまうのです。八重歯を矯正することで、誤って唇の裏側を噛んでしまうことは少なくなります。

反対咬合

出っ歯とは反対に下の前歯が突き出ている状態です。この状態の歯並びになってしまうと改善することはほとんどないでしょう。もし歯周病になってしまったら、下の前歯の部分だけ進行が早くなったりしてしまう恐れがあります。最悪の場合抜歯することもあります。この歯並びでとられる治療法はブラケット矯正が一般的のようです。

[PR]辛い歯の痛みは大阪の歯医者で治そう
22時まで診療可能☆

[PR]歯の治療なら大阪の歯医者さんへGO!
22時まで診療可能☆

[PR]名古屋の矯正歯科クリニックへGO!
キレイな歯並びを手に入れよう☆

[PR]名古屋でインビザライン治療を受けよう
キレイな歯並びをGET☆

[PR]日進駅周辺で診療している矯正歯科!
さまざまな治療方法を提供中

歯の矯正治療前に知っておくべき常識【原因を解説】

口

歯並びが悪くなる原因

歯並びが悪くなってしまう原因として、遺伝的な要素と環境的な要素の二つの要素に分けられます。歯のサイズはほとんど遺伝によるものですが、顎の骨や輪郭は遺伝的な要素というより環境による影響が大きいです。例えば呼吸の仕方であったり食事の仕方などで、顎の骨にどのような刺激を与えるかによって歯並びが変わってきます。

早めに治療しよう

矯正治療は日進月歩で技術力が向上しています。新しい装置も続々と開発されていますので、治療法の選択の幅も広くなりましたし、治療できる年齢も広く対応できるようになりました。今までの矯正治療では見た目を気にしてしまい敬遠されがちだったのですが、現在では目立ちにくい装置も登場していますので、治療に対するハードルも低くなっています。矯正治療は基本的に保険が適用されませんので、全額自己負担のため注意が必要です。個々に予算があると思いますので、必ず費用については確認するようにしましょう。歯並びが悪いまま放置してしまうと、身体に様々なトラブルが発生してしまいます。咀嚼がしづらくなったり、歯の病気にかかりやすくなったりなど、色々な問題が出てしまうのです。歯の矯正治療をするとこれらのトラブルを回避できるだけではなく、心理的にも良い影響があります。

広告募集中