痛みが出る前に親知らずを歯医者で抜いてもらおう!
ロゴ

早めに親知らずを歯医者に抜いてもらった方がいい理由

親知らずについて

「親知らず」という単語を聞いたことがある方は多いと思います。どのような歯が親知らずかご存知でしょうか。親知らずとは前から8番目に位置している歯のことを指します。これは上下左右とも同様です。この親知らずは人によってどのように生えてくるのか異なります。他の歯と同じ向きに生えることもあれば、向きが斜めになって生えてくることもあります。

痛みが出る前に親知らずを歯医者で抜いてもらおう!

治療

放置してしまうと

親知らずが生えてきても痛みがない場合も珍しくありません。そのため放置してしまう方もいらっしゃいます。しかしながら、そのまま放っておくと痛みが出てしまったり、色んなトラブルに遭ったりします。もし親知らずが他の歯と同じような生え方をしなかった場合、ブラッシングがやりづらくなり、虫歯などの歯の病気を招いてしまう恐れがあります。そのほかにも隣り合った歯にぶつかって圧迫してしまい、歯並びが悪くなる可能性もあります。このようなトラブルにならないためにも、親知らずが生えてきたら大阪の歯医者へ歯を診てもらいましょう。

親知らずを抜くのはお早めに

親知らずがほんの少しだけ出ていたり、上向きではなく横向きで生えてきてしまったりしていた場合は、一刻も早く抜いてしまいましょう。上述の通り放置してしまうと、他の歯に影響が出てしまったり、またあまりの痛さに生活に支障が出てしまうこともあります。早い段階で親知らずを抜いてしまった方が、抜いた箇所の骨が早く回復しますよ。

広告募集中